2016年03月12日

中国語初心者にも現在広く用いられている、中国語の勉強法と全く違うおすすめ

中国語の勉強法と全く違う位置からスタートする事になります
きっかけは大学の一般教養課程の第二外国語で、中国語選択をした友人が読んでいた本でした。

「なにやら見慣れない外国語の本を読んでいるな」

パッと見はその程度だったのですが、その本に書かれた『ある項目』が目に入った時…
…パズルで言えば足りなかった最後のピースが埋まったような感覚…

「私の中国語の習得方法は完璧に間違っていた…」




外国語として認識するべきだったのに、
漢字の特殊な読み方ぐらいにしか考えてこなかった…

日本人だから漢字は読めて当然ですよね。
当然のことをして勉強が進んでいると錯覚していた自分。

「これしかない…!」

とは言ったものの、これを実践するのは並大抵の事ではなく、
中国語の習得法として確立させるまでには相当苦労しました。

なぜなら友人が読んでいた本に書かれていたのは、
あくまで精神論に過ぎなかったからです。

さらにこのノウハウを実践するなら、確実に現在広く用いられている、
中国語の勉強法と全く違う位置からスタートする事になります。




しかし…
ほとんど手探りの状態からはじめた私ですが、
ある時を境に急激な中国語の上達を実感しはじめたのです。

そのタイミングは私が頭の中で、中国語を日本語へ
翻訳するのを無意識に辞めた瞬間と一致します。

この時に得た感覚から私は中国語の習得法について質問を
受けた時、いつも『あるもの』に例えて答える様になりました。


私の中国語習得法と従来の中国語習得法には、
根本的な部分に180度の違いがあります。


posted by 中国語 at 07:01| 初心者の為の中国語講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする